②ソフト会社のオフショアビジネス

Pocket

日本のIT業界の問題は「その下請構造」にある

 私はITベンダーに勤務していたが、その時に建設業を10年間ほど担当していた。
IT業界と建設業界とは大変よく似た構造(請負契約や下請制度)であるのに驚いた。
しかし、よく観察すると“短い歴史しか持たないIT業界”と
“長い歴史を持つ建設業界”では成熟度にたいへん大きな
開きがある。それは建設業界は不況産業と言いわれながらも

長年の豊富な経験による知恵が蓄積されているからである。
建設業界がIT業界と比較して優れている所は下記の点である。

 (1) 「設計」と「施工」の工法は標準化されている。
 (2) 見積基準が確立しており、人件費や建設材料の価格も
  標準化されている。
 (3) WBS(ワークブレークダウンストラクチャー)毎の
  進捗やコストも標準化されている。
 (4) 専門家制度が制度化されており、社会的な評価も高い。
 (5) 「ノウハウ」と「作業」が明確に区別できている。
 (6) 建設業は法律で規制され、国交大臣又は都道府県知事
  による認可事業である。 ルール違反があると法律的に
  罰則(ペナルティ)が科せられる。
  IT業界のビジネスには役所の認可は不要である。

 IT業界にもゼネコン業界と同じように下請制度がある。
大手ソフト会社は受注した案件を子会社や下請にそのまま業務委託する。
その時に受注金額の“相当程度の粗利”を確保してから下請に発注する。
“相当程度の粗利とは「管理費、リスク、利益等」の事である。
さらに受注した下請企業はそれぞれ“相当程度の粗利”を確保しながら、

再度同じように下請に業務を同じように委託していく。

 このような下請の多段階化が定着している。

元請となる大手ソフト会社は“技術力・ブランド力・信用力”があり
元請として仕事を受注できるが、
“ブランド力・信用力”がない中堅ソフト会社が仕事を得るためには、
必然的にこの下請構造に依存せざるを得ない状況となっている。
そのために大手ソフト会社の直系の子会社以外はジリ貧になる。
これは健全な競争関係ではない。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)