四国 88か所遍路2 伊予(菩提の道場)

大阪より飛行機で、高知県
レンタカーを借りてドライブでお寺を回った。
泊まりは数日間ペットと泊まれる宿を予約した。

 阿波(発心の道場)・土佐(修行の道場)・伊予(菩提の道場)・讃岐(涅槃の道場)
阿波(発心の道場)・土佐(修行の道場)・伊予(菩提の道場)・讃岐(涅槃の道場)

四国88か所遍路2 伊予(菩提の道場)

24番最御崎寺 24番最御崎寺空海が求聞持法成就した

 

25番 津照寺
25番 津照寺

 

 

26番 金剛頂寺 (2)
26番 金剛頂寺 (2)
26番 金剛頂寺
26番 金剛頂寺
27番 神峯寺
27番 神峯寺
28番 大日寺
28番 大日寺
38番 金剛福寺
38番 金剛福寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四国 88か所遍路3 土佐(修行の道場)

阿波(発心の道場)・土佐(修行の道場)・伊予(菩提の道場)・讃岐(涅槃の道場)
阿波(発心の道場)・土佐(修行の道場)・伊予(菩提の道場)・讃岐(涅槃の道場)

四国88か所遍路3 土佐(修行の道場)

大阪より岡山経由の新幹線で、愛媛県へ
 レンタカーを借りてドライブでお寺を回った。
泊まりは数日間ペットと泊まれる宿を予約した。

41番 龍光寺 弘法大師がこの地を訪ねた際に、稲束を背負ったひとりの白髪の老人があらわれ、「われこの地に住み、法教を守護し、諸民を利益せん」と告げて、忽然と姿を消した。大師は、この老翁が五穀大明神の化身であろうと悟り・・ -
41番 龍光寺 弘法大師がこの地を訪ねた際に、稲束を背負ったひとりの白髪の老人があらわれ、「われこの地に住み、法教を守護し、諸民を利益せん」と告げて、忽然と姿を消した。大師は、この老翁が五穀大明神の化身であろうと悟り・・ –42番 仏木寺 牛の背に乗った弘法大師の伝説が語り継がれる

43番 明石寺

44番 大寶寺  歩けば20時間を超す「遍路ころがし」の霊場

53番 円明寺

54番 延命寺 (2)

51番 石手寺

51番 石手寺 道後温泉の温泉街から近い

58番 仙遊寺

52番 太山寺

54番 延命寺

55番 南光坊

58番 仙遊寺

59番 国分寺 (2)

59番 国分寺

62番 宝寿寺

63番 密教山 胎蔵院 吉祥寺  寺宝に「マリア観音像」徳川幕府のキリスト教禁令にも難を逃れている

64番 前神寺

65番 三角寺 俳人・小林一茶が「これでこそ 登りかひあり 山桜」と詠んだ

24番最御崎寺

24番最御崎寺

24番最御崎寺空海が求聞持法成就した
24番最御崎寺空海が求聞持法成就した
25番 津照寺
25番 津照寺
26番 金剛頂寺 (2)
26番 金剛頂寺 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

26番 金剛頂寺
26番 金剛頂寺27番 神峯寺

28番 大日寺

38番 金剛福寺

38番 金剛福寺

 

39番 延光寺
39番 延光寺

四国 空海 求聞持法、三教指帰

空海の「求聞持(ぐもんじ)法」   

難解すぎてさっぱりよくわからない
「三教指帰」の序文の中で弘法大師は「ここに一人の僧あり、われに虚空蔵求聞持の法をしめす。その経に説かく、『もし人、法によってこの真言一百満遍を誦すれば、
すなわち一切の教法の文義を暗記することを得。』

http://1000ya.isis.ne.jp/0750.html

弘法大師空海は、その虚空の空間に入ると「五大に響きあり、十界に言語を具す
(物質と精神には
 響きがあって、それぞれに言葉を用意している。声字実相義)」

四国 空海 虚空蔵求聞持法 洞窟

最御崎寺(ほつみさきじ)
高知県室戸市室戸岬町に位置する寺院。四国八十八箇所霊場の第二十四番札所  
本尊真言:のうぼう あきゃしゃ きゃらばや おんあり きゃまり ぼり そわか
ご詠歌:明星の 出ぬる方の 東寺 暗き迷は などかあらまじ 
空海は都での学問に飽き足りず、 19歳の頃からの約5年間、山林修行を続けた。
空海の『三教指帰』には「土州室戸崎に勤念す」とある。
室戸岬にほど近い洞窟(御厨人窟)で虚空蔵求聞持法に励んだ。
空海は大同2年(807年)に、嵯峨天皇の勅願を受けて
本尊の虚空蔵菩薩を刻み、本寺を開創した。

第24番最御崎寺空海が求聞持法を成就した
第24番最御崎寺空海が求聞持法を成就した

 

第24番最御崎寺
第24番最御崎寺
御厨人窟室戸岬にほど近い洞窟(御厨人窟)で虚空蔵求聞持法に励んだ
御厨人窟室戸岬にほど近い洞窟(御厨人窟)で虚空蔵求聞持法に励んだ
洞窟(御厨人窟)の洞窟の中御厨人窟で寝起きをしていた弘法大師。 御厨人窟の中からはいつも、青々とした空と海だけが見えていた。 その雄大な景色に感銘を覚えた弘法大師は、 ご自分の名前を「空海」に変えられたのだと言い伝えが残ります。 御厨人窟で修行に励んでいた弘法大師の口から 突然明けの明星が入って体を貫き、それによって大師が悟りを開いた。
洞窟(御厨人窟)の洞窟の中御厨人窟で寝起きをしていた弘法大師。
御厨人窟の中からはいつも、青々とした空と海だけが見えていた。
その雄大な景色に感銘を覚えた弘法大師は、
ご自分の名前を「空海」に変えられたのだと言い伝えが残ります。
御厨人窟で修行に励んでいた弘法大師の口から
突然明けの明星が入って体を貫き、それによって大師が悟りを開いた。

 

 

四国 88所遍路4讃岐(涅槃の道場) 

 阿波(発心の道場)・土佐(修行の道場)・伊予(菩提の道場)・讃岐(涅槃の道場)
阿波(発心の道場)・土佐(修行の道場)・伊予(菩提の道場)・讃岐(涅槃の道場)

四国88か所遍路4 讃岐(涅槃の道場)

大阪より淡路島を経由して、マイカーでドライブで香川県へ
泊まりは数日間ペットと泊まれる宿を予約した。

・締めくくりはやはり高野山へ
四国88か所のお寺を回り、次に高野山に詣でて

「満願成就」となった時は感激した。
八十八カ所巡りの御朱印をいつか立派な掛軸にしたい。

66番 雲辺寺 山頂の駅から参道をしばらく歩くと五百羅漢像
66番 雲辺寺 山頂の駅から参道をしばらく歩くと五百羅漢像

 

 

 

 

66番 雲辺寺 標高911メートル「遍路ころがし」と呼ばれる難所
66番 雲辺寺 標高911メートル「遍路ころがし」と呼ばれる難所
67番 大興寺  天平14年(742年)に東大寺の末寺として建立
67番 大興寺  天平14年(742年)に東大寺の末寺として建立
68番 神恵院
68番 神恵院
69番 観音寺 第六十八番・神恵院と同一境内
69番 観音寺 第六十八番・神恵院と同一境内
69番 観音寺
69番 観音寺
70番 本山寺
70番 本山寺
71番 弥谷寺  日本三大霊場(恐山・臼杵磨崖仏・弥谷山)の一つ
71番 弥谷寺  日本三大霊場(恐山・臼杵磨崖仏・弥谷山)の一つ
72番 曼荼羅寺
72番 曼荼羅寺
77番 道隆寺 仁王門をくぐると ブロンズの観音さんがずらりと並んでいる
77番 道隆寺 仁王門をくぐると ブロンズの観音さんがずらりと並んでいる
76番 金倉寺 弘法大師の甥で天台宗寺門派の開祖「智証大師」が誕生した地
76番 金倉寺 弘法大師の甥で天台宗寺門派の開祖「智証大師」が誕生した地

 

 

 

 

 

 

 

 

76番 金倉寺 「智証大師」は、子供の頃「日童丸」と呼ばれ たいそう賢いと評判
76番 金倉寺 「智証大師」は、子供の頃「日童丸」と呼ばれ たいそう賢いと評判
74番 甲山寺  甲山寺周辺は弘法大師の故郷
74番 甲山寺  甲山寺周辺は弘法大師の故郷
73番 出釈迦寺 弘法大師幼少期の数ある伝説のひとつ「捨身ヶ嶽」縁起にゆかり
73番 出釈迦寺 弘法大師幼少期の数ある伝説のひとつ「捨身ヶ嶽」縁起にゆかり

 

 

80番 国分寺 有名なのは四国最古の梵鐘
80番 国分寺 有名なのは四国最古の梵鐘

81番札所 大窪寺 納経印は「結願所」結願証明書(賞状)もらえる

 

 

 

 

 

87番 長尾寺 静御前が源義経と別れた後 母の磯禅師と共に当寺を訪れ 得度した
87番 長尾寺 静御前が源義経と別れた後 母の磯禅師と共に当寺を訪れ 得度した

 

86番 志度寺 江戸時代の奇才平賀源内の故郷
86番 志度寺 江戸時代の奇才平賀源内の故郷

 

83番 一宮寺 地獄の釜に頭を入れると境地が開ける
83番 一宮寺 地獄の釜に頭を入れると境地が開ける

 

 

82番 根香寺 青峯山には人間を食べる恐ろしい怪獣牛鬼が棲んでいた
82番 根香寺 青峯山には人間を食べる恐ろしい怪獣牛鬼が棲んでいた

 

 

 

 

81番 白峯寺 崇徳天皇が讃岐流刑地で没しこの地に陵墓が造られた
81番 白峯寺 崇徳天皇が讃岐流刑地で没しこの地に陵墓が造られた

 

78番 郷照寺 時宗の開祖一遍上人は踊り念仏の道場を開いた
78番 郷照寺 時宗の開祖一遍上人は踊り念仏の道場を開いた

 

 

 

 

 

 

 

大窪寺  結願!
やっと終わった、感激、感激、

  でも疲れた~~
http://henro88.net/220sanuki/ookuboji.html

88番 結願の霊場「大窪寺」唐から帰国した弘法大師が、現在の奥の院近くの胎蔵ヶ峰という岩窟で、虚空蔵求聞持法を修法し堂宇を建立。
88番 結願の霊場「大窪寺」唐から帰国した弘法大師が、現在の奥の院近くの胎蔵ヶ峰という岩窟で、虚空蔵求聞持法を修法し堂宇を建立。

お礼参り
http://www.kushima.com/henro/keywords/oreimairi.htm

四国88箇所のマニュアル
四国88箇所のマニュアル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四国 88か所 阿波(発心道場)

四国88か所1 阿波(発心の道場)11~23番

 阿波(発心の道場)・土佐(修行の道場)・伊予(菩提の道場)・讃岐(涅槃の道場)
阿波(発心の道場)・土佐(修行の道場)・伊予(菩提の道場)・讃岐(涅槃の道場)
23番 薬王寺 「発心の道場」といわれる阿波最後の霊場
23番 薬王寺 「発心の道場」といわれる阿波最後の霊場
22番 平等寺
22番 平等寺

 

 

 

 

 

20番 鶴林寺 霊鷲山に似ている山号は「霊鷲山」
20番 鶴林寺 霊鷲山に似ている山号は「霊鷲山」
19番 立江寺
19番 立江寺

18番 恩山寺 大師の生母・玉依御前が讃岐の善通寺から訪ねてきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17番 井戸寺
17番 井戸寺

四国 金毘羅さん 狗が替わりに代参

古くから金毘羅さんの門前町として栄えてきた。
門前町の落ち着いた情緒がある。

江戸時代に金毘羅参りが盛んになり、
全国から金毘羅街道を通じて多くの参詣客が集まった。
江戸時代に、自分で行けない人は狗に代参してもらった。

「こんぴらふねふね……」の歌でおなじみ本宮は
琴平山の中腹にある。

そこまでの参道は石段。その数785段。
さらにその奥には奥社があり、合計1,368段の石段を上る。

愛犬ラッキーと琴平さん参り
愛犬ラッキーと琴平さん参り
当人に代わって旅慣れた人が代理で参拝に行くことがあり、これを「代参」と言った。旅を途中で諦めることにした人が、道中で知り合った旅人に旅費と初穂料(お賽銭)を託し代参してもらうこともあった。 代参をしたのは“人”だけではなかったのです。「こんぴら参り」と記した袋を首にかけた犬が、飼い主の代参をすることもあった。袋には、飼い主を記した木札、初穂料、道中の食費などが入っていました。犬は、旅人から旅人へと連れられ、街道筋の人々に世話をされ、目的地にたどり着いた。「こんぴら参り」の代参をした犬は、特に「こんぴら狗」と呼ばれたのです。
当人に代わって旅慣れた人が代理で参拝に行くことがあり、これを「代参」と言った。旅を途中で諦めることにした人が、道中で知り合った旅人に旅費と初穂料(お賽銭)を託し代参してもらうこともあった。
代参をしたのは“人”だけではなかったのです。「こんぴら参り」と記した袋を首にかけた犬が、飼い主の代参をすることもあった。袋には、飼い主を記した木札、初穂料、道中の食費などが入っていました。犬は、旅人から旅人へと連れられ、街道筋の人々に世話をされ、目的地にたどり着いた。「こんぴら参り」の代参をした犬は、特に「こんぴら狗」と呼ばれたのです。

琴平さん (2)

 

 

 

 

 

 

 

金毘羅さんの本殿
金毘羅さんの本殿

 

四国 88か所 阿波(発心の道場)

大阪より淡路島を経由して、マイカーでドライブで徳島県へ
泊まりは数日間ペットと泊まれる宿を予約した。

四国88か所遍路1 阿波(発心の道場)

・ドライブ遍路
「歩き遍路」ではなく「ドライブ遍路」なので、
その分御利益は少し少ないと言われている。

1番 霊山寺 の前で
1番 霊山寺 の前で


2番 極楽寺
2番 極楽寺
3番 金泉寺
3番 金泉寺
4番 大日寺
4番 大日寺
5番 地蔵寺
5番 地蔵寺
6番 安楽寺
6番 安楽寺
8番 熊谷寺
8番 熊谷寺
9番 法輪寺
9番 法輪寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四国八十八箇所霊場の第十番札所 切幡寺
四国八十八箇所霊場の第十番札所 切幡寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西国 三十三所巡り一番札 青岸渡寺

saigokuバスツアーで和歌山の「西国一番青岸渡寺」の 庭を訪れた。
何故か何かの閃きで、 とても懐かしいものを感じた。
その時に
「西国三十三ヶ所を回ろう」と思った。
http://www.saikoku33.gr.jp/
・自宅から近い所はマイカーで、遠い所はバスツアーに参加。
一番の感動は、姫路市の書写山の27番の圓教寺だった。
大講堂常行堂食堂などどれも荘厳だった

西国表

 

那智滝
那智滝
1番 青岸渡寺
1番 青岸渡寺
那智山は熊野三山の一つ
那智山は熊野三山の一つ
長命寺,滋賀県近江八幡市 西国31番
長命寺,滋賀県近江八幡市
西国31番
紀三井寺、和歌山県和歌山市紀三井寺にある。西国33番
紀三井寺、和歌山県和歌山市紀三井寺にある。西国33番
宝厳寺(ほうごんじ)は、滋賀県長浜市の竹生島。 西国第30番札所 観音霊場であるとともに、弁才天信仰の聖地
宝厳寺(ほうごんじ)は、滋賀県長浜市の竹生島。
西国第30番札所
観音霊場であるとともに、弁才天信仰の聖地

 

 

 

 

 

 

2番 総持寺 助けた亀の恩返しと観音の霊験
2番 総持寺 助けた亀の恩返しと観音の霊験
10番 三室戸寺
10番 三室戸寺
9番 興福寺 南円堂
9番 興福寺 南円堂
8番 長谷寺
8番 長谷寺
28番 成相寺 天橋立の北にある成相山にある
28番 成相寺 天橋立の北にある成相山にある
8番 長谷寺 登廊
8番 長谷寺 登廊

 

 

 

 

 

 

 

7番 岡寺
7番 岡寺
4番 施福寺
4番 施福寺
3番 粉河寺
3番 粉河寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

円教寺 食堂 荘厳な雰囲気
円教寺 食堂 荘厳な雰囲気
円教寺
円教寺

広島 厳島神社 平清盛造営 

12世紀、平清盛によって現在の姿 に造営
嚴島神社は海の中に建てるという大胆な構想で、 平安時代の雰囲気の建築。
ツアーで大阪から平日に新幹線「こだま」で行ったら、安かった。
昔ダライラマも訪れていたようだ。
大鳥居、本殿、鹿・・などいろいろたくさん見れて楽しい旅行だった。

厳島神社の案内板の前で
厳島神社の案内板の前で
厳島神社の鳥居の前で
厳島神社の鳥居の前で


宗教 東大寺二月堂「お水とり」

家や万民のためになされる宗教行事
鎮護国家、天下泰安、風雨順時、五穀豊穣など、
人々の幸福を願う行事

昔々、良弁僧正の高弟、実忠和尚が始めた。
一度も途絶えることなく続けられ、
平成13年(2001)には1250回を数えた。
1250年前に始まった。

 真っ暗の中、雨の中足元が悪い。
大変な混雑の中で長時間待つことになった。

松明の火の粉をたくさん受けてきたので、
今年は病気にならないと思ってたが、 風邪をひいた。
  歳のせいか体力や気力がなくなってきている。
やはり日常生活の節制が大事
http://www.todaiji.or.jp/contents/function/02-03syunie3.html

東大寺二月堂(修二会)お水取りの松明の準備

東大寺の二月堂でお水とりが行われる
東大寺の二月堂でお水とりが行われる
東大寺二月堂(修二会)お水取りの松明の準備
東大寺二月堂(修二会)お水取りの松明の準備
東大寺二月堂(修二会)お水取りの会場 ここで僧侶により松明が運ばれる
東大寺二月堂(修二会)お水取りの会場 ここで僧侶により松明が運ばれる

 

 

 

 

 

 

 

東大寺二月堂(修二会) シカが見物に来ている
東大寺二月堂(修二会) シカが見物に来ている
東大寺二月堂(修二会) お水取りの準備
東大寺二月堂(修二会) お水取りの準備
東大寺二月堂(修二会)
東大寺二月堂(修二会)

宗教 NHK  般若心経100分 de 名著 

NHK教育テレビ番組で再放送の『般若心経』”100分 de 名著” を見た。

ゲストの佐々木閑さん(花園大学教授)の話を聞いた。
佐々木閑さんの本も一応読んだ。
四国88か所遍路の旅で何回も唱えた。

結局、「空」というのは良く分からない。
「自分は世の中に居ない、存在しない」ということか?
もともと自分が存在しなければ、何も失うものはない、

第1回 最強の262文字
第2回 世界は“空”である
第3回 “無”が教えるやさしさ
第4回 見えない力を信じる
http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/19_heart-sutra/index.html

宗教 NHK ブッダ『真理のことば』

昔NHK教育テレビ番組で ブッダ『真理のことば』”100分 de 名著” を見た。

番組を見ている時は分かりやすく説明があるので、
“なるほど”と思うが
結局、人間は「恨みや執着」からなかなか離れられない。

第1回 生きることは苦である…
第2回 うらみから離れる
第3回 執着を捨てる
第4回 世界は空なり
 http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/05_dhammapada/index.html

真理のことば ブッダ
真理のことば ブッダ