北海道 アイヌ しらおいポロトコタン

アイヌ民族博物館 しらおいポロトコタン
北海道白老郡白老町 一般財団法人アイヌ民族博物館が運営する
野外博物館などの施設群で
通称「白老ポロトコタン」 
ポロトコタンとはアイヌ語で「大きい湖の集落」
しらおい

 

しらおい ボロトコタン アイヌ語で「大きい湖の集落」の意
しらおい ボロトコタン アイヌ語で「大きい湖の集落」の意
アイヌの踊り
アイヌの踊り
しらおいポロトコタン
しらおいポロトコタン

 

アイヌの踊り
アイヌの踊り

北海道 日本最北旭山動物園 行動展示

旭山動物園 日本最北の動物園ながら、上野動物園を抜いて月間入園者数
日本一を記録したこともある。地上17mのロープを移動するオランウータン、水中を飛び回るペンギン、垂直に泳ぐアザラシなど、動物たちの生き生きとした姿に目を奪われる。

行動展示が有名。動物たちが動き、泳ぎ、飛ぶ姿を間近で見られる施設造りを行っている。動物たちの持つ能力や生態をつぶさに見れる。

旭山動物園の動物たちと一緒に
旭山動物園の動物たちと一緒に
旭山動物園の見取図
旭山動物園の見取図
旭山動物園のペンギン達の散歩
旭山動物園のペンギン達の散歩

北海道 高倉健 ロケ地 多数映画出演

冬の北海道を旅行した、高倉健さんの映画のロケ地がたくさんあった。
高倉健と北海道は相性が良いようだ。

http://www.ac.auone-net.jp/~takizawa/hokkaido2012.html

「幸福の黄色いハンカチ」(1977年)
「網走番外地」(1965年~)シリーズ
http://pucchi.net/hokkaido/funlog/201411takakuraken.php
http://www.bing.com/videos/search?q=%E7%B6%B2%E8%B5%B0%E7%95%AA%E5%A4%96%E5%9C%B0&qpvt=%E7%B6%B2%E8%B5%B0%E7%95%AA%E5%A4%96%E5%9C%B0&FORM=VDRE

taka

 

 

韓国 ソウル 本場の韓国料理

   明洞・南大門など
    南大門市場は、食料品、衣料品、雑貨がある
    偽物ブランドもある。
    眼鏡を買って日本に送付してもらった。安かった。
    市内観光をした。街にスケート場がある。
②    カジノに行った。

   カジノバーに入場するのに、
   外国人はパスポートを見せるだけでオッケー
   カジノ内ではやり方がよくわからないので
遊ばないで、見るだけにした。
飲み物は食べ飲み放題。
  プルコギなど韓国料理

   ソウルで食べると日本よりうまい。
④  インチョン空港は広い
ソウルタワーからみると北朝鮮はすぐそこ。

カジノに行く。ルールがわからないので見るだけだった。
カジノに行く。ルールがわからないので見るだけだった。
クリスマスシーズンだった
クリスマスシーズンだった
インチョン空港
インチョン空港は広い
ソウルタワー
ソウルタワー
冬のソウル市内 クリスマスの雰囲気
冬のソウル市内
クリスマスの雰囲気

コスモス 韓国 200912 022 コスモス 韓国 200912 019

中国 戦前 日中友好に貢献 内山完造

私の家族は上海からの引揚者である。 戦前の上海については関心が有る。
上海には日本租界があった。

昔日本租界があった虹口(現在の四川北路の表通り)は
改築できれいになっているが、 路地に入ると
依然としてゴチャゴチャしていて古いままだ。

そこにある上海市第一人民病院は戦前は有名な福民病院だった。
2000年当時までは古い感じの建物だったが、今は新しく高層ビルになっている。
魯迅の妻の許広平はここで出産した。小説マリコ(柳田 邦男 (著))の
主人公のマリコもここで生まれた。
http://www.geocities.jp/keropero2000/china/shanghai04.html

そして魯迅公園の近くに内山書店があった。
店主の内山完造(1885年-1959年) の生き方は尊敬に値する。
内山完造の経歴は、大阪の船場で丁稚奉公の後、
裸一貫で中国に渡り、
“参天堂の大学目薬”の販売で
中国全土を歩き回る。

日中関係のもっとも険悪・困難な時期に、
内山書店を開き、上海を訪れる日本人の案内役をし、
日本の作家たちと中国文学者との交流の場を提供した。
魯迅・郭沫若らとの交友を通じて真実と人道主義を追求し、
日中両国の文化交流と友誼のために橋渡し役を果たした。
http://www.uchiyama-shoten.co.jp/company/history.html

魯迅の愛した内山書店
魯迅の愛した内山書店

中国 福民病院 上海市第一人民医院

戦前の日本はグローバル化していた。
1人の日本人の医師が裸一貫、海外でリスクを顧みずチャレンジした。
上海で中国人に信頼され、最先端の医療活動を行った。
福民病院は、現在は「上海市第一人民医院」となっている。

福民病院
福民病院戦前の1924年に日本人医師・頓宮寛が上海四川北路に開いた日本人租界にある病院。現在は上海市第一人民医院となっている。小説家魯迅の妻許広平も1929年にここで出産している。

海外で生活する日本人がおちいりやすい、自分達だけの村社会(コミュニティ)を形成し、現地の人々の生活にとけ込まないという閉鎖性を嫌い、福民病院の業務の主力は中国人、その次が欧米人と日本人という経営方針であった。また、患者によって中国語、英語、ドイツ語、ロシア語、日本語の五カ国語を使い分けて診察する頓宮のコスモポリタンな姿勢は、中国人のみならず欧米人からも深い信頼を得たのであった。
 七十年たった今日、政治、経済、教育などあらゆる分野において「国際化」が声高に叫ばれているが、相手の国の言葉(最低限英語)とロジックを駆使してディベイト出来る政治家、官僚、企業人、そして頓宮と同じ医者が、はたして何人いることであろうか・・・

頓宮の経営する上海北四川路一四三号の福民病院は、診察を受けようとする中国人や欧米各国の患者で門前市をなす活況を呈し、これまでの建物では手狭になったため、頓宮は昭和九年十二月十六日、エレベーターを有する鉄筋コンクリート造り七階建ての本院を建設、これまでの病棟を別院とした。本院の総工費四十万元の大半を無利子、無担保で頓宮に供したのは日本人ではなく、某中国人であった。

頓宮の、中国人に対しては、金がなくとも門前払いはしない、ある時払いでいい。お金を持っている人からはもらうという、信を相手の腹中に置いていささかも疑わない、「寛」という名前の通り寛厚な頓宮の人柄だからこその、国を、民族を超えての破格の融資であった。
 新装なった福民病院本院は、近代建築学の粋を尽くし、通風、採光、防音などに配慮したもので、頓宮の専門である外科を初めとして、内科、泌尿科、小児科、婦人科、歯科、眼科、耳鼻咽喉科、レントゲン科に練達の専門医師が配され、看護婦のほとんどが中国人、守衛や雑役などはインド人という具合に、最盛期にはイギリス、ドイツ、ロシアなどの医師を含め職員総数二百余名という東洋一の個人総合病院であった。
(以上は「魯迅が信頼した東洋一の上海福民病院」より抜粋)

現在でも上海はユダヤと関係がある建物がたくさん残っている。「日本のシンドラー」杉原 千畝からリトワニアでビザをもらったユダヤ人避難民も大勢上海に来たはずである。
当時の上海はパスポートさえあればVISA無しでも入国出来た複雑で特殊な地域。ナチスに追われたたくさんのユダヤ人も住んでいた。第2次世界大戦後ユダヤ人はイスラエルやニューヨークに移り住んだ。

福民病院と関係のある書籍 

奇跡の医師
奇跡の医師

①奇跡の医師―東洋一の個人総合病院 上海     福民病院を造った慈愛の医業
 著者 南堀/英二

主人公の頓宮寛氏は、上海で「福民医院」の院長だった。この病院で、魯迅の息子、海嬰が生まれたそうだ。敗戦後中華民国政府に接収されて、氏は裸一貫で帰国し、小豆島で亡くなる。

 

 

マリコ
マリコ

②マリコ
 著者 柳田 邦男この本は、外交官である寺崎英成を主人公に太平洋戦争前後の昭和史について書いてある。寺崎英成と米国人妻グレンの間に生まれる女の子マリコは福民病院で生まれる。
日本の陸軍や外務省の裏話にも触れているが、当時の歴史は複雑すぎて何が本当か良く分からない。

 

 

 

(「上海ガイド」の租界時代地図を加工)
(「上海ガイド」の租界時代地図を加工)

中国 危険が一杯の魔都 上海へ旅行

関西空港⇒上海
     バスで蘇州へ ホテル宿泊
     無錫
       〇三国城 三国志演義のロケ地
      〇太湖
     蘇州
       〇留園
       〇寒山寺
        ホテル宿泊

     上海
       〇上海博物館
       〇豫園
     〇新天地
     〇外灘
     〇上海ヒルズ94階展望台
        ホテル宿泊
上海  ⇒関西空港

・日本租界(旧日本人居住区)
戦前は上海の虹口(北四川路あたり)に日本租界(旧日本人居住区)があった。
上海中学から野球で甲子園にも参加していた。内山書店や魯迅公園が有る。
私の両親や家族も住んでいた。

上海の中心にある英国やフランスの租界に比べて、
日本の租界があった虹口は 上海の町のはずれにあたる。
今もさびれた古い建物が多く残っており、昔のままで開発が遅れている。
上海は19世紀と21世紀が混在している。
http://www.shanghainavi.com/miru/196/
http://uetoayarikoran.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-12b9.html

・寒山寺
日本の観光客が多い。歌の文句に出てきたからか?
中唐の詩人で政治家でもあった張継の七言絶句「楓橋夜泊」が有名だそうだ。
この詩は都落ちした旅人が、蘇州西郊の楓橋船中に泊まった際、
旅愁のために眠れぬまま寒山寺の鐘の音を聞いたという様子を詠ったもの。
「一期一会」の掛け軸を買った。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%92%E5%B1%B1%E5%AF%BA

月落烏啼霜満天、  月(つき)落(お)ち烏(からす)啼(な)きて霜(しも)天(てん)に満(み)つ江楓漁火対愁眠。  江楓(こうふう)漁火(ぎょか)愁眠(しゅうみん)に対(たい)す
姑蘇城外寒山寺、  姑蘇(こそ)城外(じょうがい)の寒山寺(かんざんじ)
夜半鐘聲到客船。  夜半(やはん)の鐘声(しょうせい)客船(かくせん)に到(いた)る

 ・蘇州運河遊覧
夜の遊覧でライトが美しい。
蘇州城と虎丘をつなぐ水路沿岸に山塘街がある。
山塘街は、昔の蘇州の姿が再現され、
蘇州旧市街でも昔ながらの水郷の風情が残る。
帰りは雨が降り出したが、タクシーを探したが、なかなか来なかった。

・豫園商場
上海の伝統文化にも触れられる歴史ある商店街
財布を出そうとする時に、危うくスリにやられそうになった。

新天地
旧フランス租界の街並を再現した 「新天地」。
上海のダイニング、ファッション、カルチャーのランドマーク
大阪の心斎橋の感じに似ていると思いう。
偽ブランド品を買った。

・外灘散策
「東洋のパリ」と呼ばれた魔都上海・・無法地帯
ドイツとオーストリアのユダヤ人2万人が上海に避難していた。
その中には杉浦千畝さんの取り計らいで入国したユダヤ人もいた。
その地域は、共同租界の中の日本人居住区の近くの提籃橋地区。
ユダヤ人が多かったので「小ウィーン」と呼ばれたとか。
http://4travel.jp/travelogue/10047991
http://www.sbfnet.cn/useful/history/18.html

・中国雑技、「上海雑技」、
信じられないほど数台の籠の中の高度なオートバイの技を見た。
危険な芸である。

新天地は心斎橋に似ている
新天地は心斎橋に似ている
上海のリニアモーター 上海トランスラピッド 浦東国際空港駅と上海市郊外の竜陽路駅の間、300kmを7分20秒で結ぶ。
上海のリニアモーター
上海トランスラピッド
浦東国際空港駅と上海市郊外の竜陽路駅の間、300kmを7分20秒で結ぶ。
蘇州の山糖街の夜 昔懐かしい街並を今も残している 夜になると街並みに灯る明かりがとても綺麗で昼の雰囲気とまるで変わ
蘇州の山糖街の夜
昔懐かしい街並を今も残している
夜になると街並みに灯る明かりがとても綺麗で昼の雰囲気とまるで変わ

 

 

 

中国 墨絵みたいな桂林の漓江下り

 桂林を貫く漓江沿いに山水画の世界を思わせる。
桂林の朝の空気は美味しくて、すがすがしかった。

日程は
関西空港⇒広州

広州  ⇒桂林
            〇漓江下り(山水画の世界)
       桂林市内観光
                     〇象鼻山
桂林  ⇒広州
                     広州市内観光
      〇中山記念堂
                      〇鎮海楼
      〇陳氏書院
広州  ⇒関西空港

ちょうどSARS(サーズ)が広東省で発生していた
2002年広東省で発生し、2003年7月に8,069人が感染し、775人が死亡した
2003年2月 中国からの旅行者であるアメリカのビジネスマンが
シンガポールへ向かう航空機の中で肺炎に似た症状を引き起こした。
飛行機はベトナムのハノイに着陸したが、ハノイの病院でこの旅行者は死亡した。
病院の基本的な処置にもかかわらず、
彼の処置に当たった医師や看護師が同じ症状を示し、何人かが死亡した。
SARSは、トロント、シンガポール、ハノイ、香港、台湾、
及び中国の広東省、山西省に広まった。
2003年4月3日、日本政府は、 SARSを新感染症として取り扱うことを発表。
4月17日、原因が判明したため、SARSを指定感染症へ切り換える

写真下 美人に囲まれて     昔はみんな若かった中国桂林離江下り昔はみんな若かった

keirin

 

離江下りの船
離江下りの船
広州陳氏書院
広州陳氏書院
広州鎮海楼歴史博物館
広州鎮海楼歴史博物館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広州中山記念堂孫文を称える
広州中山記念堂孫文を称える

中国 ITC京都 南京視察 日中関係

ITC京都 南京視察  2007年9月14日~18日
NPO法人のITC京都の会員十数名の有志で
「南京大学と江蘇省のIT企業家」と交流を図った。
中国のIT企業家と直接コミュニケーションできて大変有意義であった。
後日ITC京都で南京視察の報告会が開催された。
ITC京都のバイリンガルの
戴さんの尽力で
滞りなく全てうまくいった。

 スケジュール
江蘇省のIT企業との交流会

ITC京都と江蘇省のIT企業との交流会
ITC京都と江蘇省のIT企業との交流会
ITC京都と江蘇省のIT企業との交流会
ITC京都と江蘇省のIT企業との交流会


 

 

 

 

 

 

②南京大学

南京大学で集合写真
南京大学で集合写真

感想
江蘇省(Jiangsu)は中国の産業の拠点であり,南京はその中心になる。
蒋介石時代の中華民国では南京臨時政府の首都であった。
IT産業は発達しており、そのレベルは高い。
南京大学では情報システム部門を中心に見学した。
http://liuxue998.com/11601%20nankin%20daigaku%20.html

南京は他の中国の都市と異なり、昔の優雅なロマンのある「本来の中国」の
文化が一番残っている都市である。 江蘇省の都でもある。
江蘇省
は他の中国の都市と異なり、昔の優雅なロマンのある「本来の中国」の
文化が一番残っている都市である。中国で一番豊かで住みやすいところである。
 「上有天堂、下有蘇杭」 (天上に極楽あり、地上に蘇州・杭州あり)という諺がある。

shàng yǒu tiān táng xià yǒu háng

私は、会社に勤めていた1998年に、南京富士通(プリンタを生産)を
数回訪問したことが有る。
1998年当時と比較すると、2007年の南京は町並みが近代化していたのに驚いた。
現在はもっともっと近代化していると思われる。しかしスモッグも出ていると思われる。

今年8月には、 青年奥林匹克運動会《ユースオリンピックゲームス》

qīng nián ào lín yùn dòng huì

が南京で開催された。主要会場周辺では、町並みがきれいに整備されたそうだ。
期間中は空もきれいになったそうだ。

個人的な話になるが、私は日本生まれであるが、私の家族は上海からの
戦後の引揚者である。
泥沼の 日中戦争があり、終戦後蒋介石の軍により
終戦後は収容所に集められて、 着の身着のまま 上海から長崎港に
復員輸送船でやっと帰国したそうである。

 何故か私の家族は中国が‘大好き派’と‘大嫌い派’に二分される。
但し中華 料理だけは家族全員が好きである。
中国の文化は独特で個性が強いため、日本人 を‘大好き’か‘大嫌い’かの、
どちらか両極端にさせる傾向がある。

私の場合、 19世紀以前の昔のロマンのある「本来の中国」は大好きであるが、
現在の金儲け に忙しい21世紀の「虚構の中国」はあまり好きになれない。

相互不信の元凶、歴史認識問題の根源は何か ?
「関係安定へ属人的パイプの制度化を急ぐべき」
――王雪萍・東洋大学社会学部メディアコミュニケーション学科准教授
http://diamond.jp/articles/-/60149?page=5

これからの日中関係
中国人から見た日本に対する印象は「嫌いな国でもあり、かつ好きな国でもあ る」と
いうように矛盾しているようである。
中国人が「日本人を嫌い」な理 由のほとんどは明治時代以降の歴史(日中戦争など)によるものでる。
日本と中 国の政府間の関係では、国益という‘建前’が絡むので、
対立はどうしても避けられない。政府間の関係は当分は改善しない。
国と国の関係は両政府に任せて、今回の南京視察のように
私達は日本人と中国人の民間の関係をベース に
  本音’
どんどん友達関係を発展させればよい。

中国 関羽の気分 三国志城

三国志・三国城
中国無錫には三国志テーマパークがある。敷地はかなり」広い。
曹操や関羽や孫権などの英雄などの衣装を着て、写真撮影のサービスがある。

中国中央電視台の人気歴史ドラマ「三国志」(三国演義)を
撮影するために建築された。
三国城からは当時の船で太湖遊覧が出来る。

 水滸伝・水滸城
中国中央テレビの人気歴史ドラマの「水滸伝」のオープンセット。

太湖のほとりの三国城 ロケ地
太湖のほとりの三国城
ロケ地

 

三国の関羽の気分に 衣装が重いので、一人で馬に乗れない。
三国の関羽の気分に
衣装が重いので、一人で馬に乗れない。
曹操や関羽や孫権などの英雄などの衣装を着て、写真撮影のサービスがある美女に囲まれて呉王になったつもり
曹操や関羽や孫権などの英雄などの衣装を着て、写真撮影のサービスがある美女に囲まれて呉王になったつもり