トルコ カッパドキア 奇岩の洞窟ホテル

関西空港⇒イスタンブール⇒イズミール
   エフェソス 
                  〇エフェソス遺跡
            〇アルテミス神殿
              パムッカレ ホテルで宿泊
   パムッカレ 
                  〇ヒエラポリス遺跡
   古都コンヤ観光
     〇メブラーナ博物館
   〇インジェ・ミナーレ神学校
            カッパドキア ホテルで宿泊
   カッパドキア観光
     〇洞窟教会
    〇ギョレメ野外博物館
    〇カイマクルの地下都市
                   アンカラ 寝台車
   イスタンブール
     イスタンブール市内観光
                         〇ブルーモスク
      〇アヤソフィア大聖堂
                 〇トプカプ宮殿
     〇グランドバザール

パムッカレ カッパドキア

・カッパドキア
   キリスト教徒達の住居跡や洞窟修道院が岩山に蜂の巣のように
   長い間の風雨の浸食によってできた奇岩が広がる風景
   キノコやラクダの形をした岩や地下都市など、
   ユニークで不思議な世界が広がる

・ギョレメ野外博物館
   暗闇の教会そして岩が林立するギョレメの谷
   デラックスクラス洞窟ホテル

・カッパドキアケ―ブスイート
   洞窟レストラン

ギョレメカヤホテルの前で洞窟ホテル
ギョレメカヤホテルの前で洞窟ホテル
ギョレメの洞窟ギリシャとの戦争でキリスト教徒はギリシャへ移住したので今はいない
ギョレメの洞窟ギリシャとの戦争でキリスト教徒はギリシャへ移住したので今はいない

 pamukkare

トルコ 飛んで イスタンブール

 イスタンブールはアジアとヨーロッパの2つの大陸にまたがる。
町を歩くと西洋とアジアなど世界中の人種が集まっている感じ。
その町の中心にボスポラス海峡がある。
ローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマン帝国という3代続いた大帝国の首都。
イスラム教とキリスト教が混じり重厚な感じがする。
博物館、教会、宮殿、モスク、バザールなど、見どころに尽きない。

トプカプ宮殿(Topkapı Sarayı)15世紀中頃から19世紀中頃までオスマン帝国の君主が居住した宮殿。イスタンブル旧市街のある半島の先端部分、三方をボスポラス海峡とマルマラ海、金角湾に囲まれた丘に位置する。宮殿はよく保存修復され、現在は博物館として公開されている。
トプカプ宮殿(Topkapı Sarayı)15世紀中頃から19世紀中頃までオスマン帝国の君主が居住した宮殿。イスタンブル旧市街のある半島の先端部分、三方をボスポラス海峡とマルマラ海、金角湾に囲まれた丘に位置する。宮殿はよく保存修復され、現在は博物館として公開されている。

 

イスタンブールブルーモスクブルーのタイルが印象的イスラム教の寺院『スルタンアフメットジャミィ』は、 通称『ブルーモスク』と呼ばれている。世界一美しい寺院
イスタンブール   ブルーモスク  ブルーのタイルが印象的イスラム教の寺院『スルタンアフメットジャミィ』は、
通称『ブルーモスク』と呼ばれている。世界一美しい寺院

 

アヤソフィア大聖堂オスマントルコの栄華の象徴 ピンクモスク
アヤソフィア大聖堂オスマントルコの栄華の象徴 ピンクモスク

 

ブランドバザール巨大なアーケードチャイのセットを買う
トルコ語で“Kapali Carsi(カパル・チャルシュ)”、「屋内市場」 グランドバザール。 3600を超える店舗を有している、世界最古で最大規模のデパート。

 

 

トルコ エフェソス ヘレニズム都市

エフェソス
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/9448/earth/turkey/ephesus.html

ギリシャのイオニア人による都市国家の遺跡、
古くはエーゲ海に開けた港町。
当時の地中海では、ギリシャもエジプトも同じ文化圏なので、
クレオパトラとアントニウスがひと時を過ごした、
数あるトルコの遺跡の中でも最も重要な遺跡。

アルテミス神殿
紀元前7世紀から紀元3世紀にかけてエフェソス(現在のトルコ)に存在した、
アルテミスを奉った総大理石の神殿

エフェソス遺跡地中海部文明ナイキの女神
エフェソス遺跡地中海部文明ナイキの女神

エフェソス遺跡のメインストリート

エフェソス遺跡のトイレ跡
エフェソス遺跡のトイレ跡
アルテミス神殿
アルテミス神殿