健康 中国の長生きの知恵 健康十訓

Pocket

health 中国の「長生きの知恵」が
輸入された。
下記はピンイン付き

shǎo ròu duō cài  shǎo yán duō zuò  shǎo táng duō guǒ  shǎo shí duō yǎo
少 肉  多 菜     少 塩  多 酢      少糖  多 果       少 食  多 噛
shǎo yī duō yù  shǎo yán duō háng  shǎo yù duō shī
少 衣  多 浴    少 言  多 行        少 欲  多 施
shǎo yōu duō mián  shǎo chē duō bù  shǎo fèn duō xiào
少 憂  多 眠       少 車  多 歩      少 憤  多 笑 

少肉多菜:肉は少なく野菜は多く
少塩多酢:塩は少なめ、酢は多く
少糖多果: 糖は少なく、果物は多く
少食多噛:食べ過ぎず、よく噛む
少衣多浴:薄着で日光浴
少言多行:口数よりも行動を
少欲多施:ほしがるよりも与えよう
少煩多眠:煩いは少なく、眠りは多く
少車多歩:車は少なく、たくさん歩く
少怒多笑:怒は少なく、たくさん笑う

One Reply to “健康 中国の長生きの知恵 健康十訓”

  1.  あけましておめでとうございます。

     医食同源というのでしょうか、実行がなかなか難しいですが、気をつけたいと
    思います。

      博多のうどんは、甲斐よしひろも紹介していました。

      冬の寒い時、彦根城に行ったことがあります。一番琵琶湖よりのところから、真っ白な伊吹山が小さく見えました。神々しく感じられ、神が降りてきたということも考えられなくもないと思いました。5月に長浜城から真正面の伊吹山を見ても、神々しさは感じられませんでした。

      母親は、稲尾和久と同じ高校の同級生だったそうですが、世間が神様と呼びますが、あのハナタレ小僧と言っていました。(普賢岳が噴火したころ出張で博多に行ったときは、稲尾さんはそのへんで飲んでるよとお店の人が言ってました。)

                                                  以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)