スペイン トレド イスラム・ユダヤ・・

Pocket

トレド(Toledo

スペイン中央部のカスティーリャ=ラ・マンチャ州の州都
マドリードから南に71kmの距離で、タホ川に面する。 

西ゴート王国の首都
中世にはイスラム教・ユダヤ教・キリスト教の文化が交錯した地。
「町全体が博物館」と言われ、タホ川に囲まれた旧市街は世界遺産に登録ルネサンス期のスペインを代表するギリシア人画家のエル・グレコが活躍した。 

711年、ウマイヤ朝の指揮官ターリク・ブン・ジヤードによって征服された。
1085年、カスティーリャ王国によるの包囲ののち降伏し、
アルフォンソ6
世は5月26日にトレドに入城した。
スペイン旅行 091
スペイン旅行 074 スペイン旅行 068 スペイン旅行 065

 

 

 

 

 

 

トレドは金属加工が有名
トレドは金属加工が有名

 

 

 

 

 

 

ユダヤ人の建物 銀行、医者はユダヤ人だった
ユダヤ人の建物
銀行、医者はユダヤ人だった

 

トレドの町を背景に
トレドの町を背景に

スペイン旅行 046

タホ川の橋の上で
タホ川の橋の上で

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)