四国 88か所遍路2 伊予(菩提の道場)

大阪より飛行機で、高知県
レンタカーを借りてドライブでお寺を回った。
泊まりは数日間ペットと泊まれる宿を予約した。

 阿波(発心の道場)・土佐(修行の道場)・伊予(菩提の道場)・讃岐(涅槃の道場)
阿波(発心の道場)・土佐(修行の道場)・伊予(菩提の道場)・讃岐(涅槃の道場)

四国88か所遍路2 伊予(菩提の道場)

24番最御崎寺 24番最御崎寺空海が求聞持法成就した

 

25番 津照寺
25番 津照寺

 

 

26番 金剛頂寺 (2)
26番 金剛頂寺 (2)
26番 金剛頂寺
26番 金剛頂寺
27番 神峯寺
27番 神峯寺
28番 大日寺
28番 大日寺
38番 金剛福寺
38番 金剛福寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四国 88か所遍路3 土佐(修行の道場)

阿波(発心の道場)・土佐(修行の道場)・伊予(菩提の道場)・讃岐(涅槃の道場)
阿波(発心の道場)・土佐(修行の道場)・伊予(菩提の道場)・讃岐(涅槃の道場)

四国88か所遍路3 土佐(修行の道場)

大阪より岡山経由の新幹線で、愛媛県へ
 レンタカーを借りてドライブでお寺を回った。
泊まりは数日間ペットと泊まれる宿を予約した。

41番 龍光寺 弘法大師がこの地を訪ねた際に、稲束を背負ったひとりの白髪の老人があらわれ、「われこの地に住み、法教を守護し、諸民を利益せん」と告げて、忽然と姿を消した。大師は、この老翁が五穀大明神の化身であろうと悟り・・ -
41番 龍光寺 弘法大師がこの地を訪ねた際に、稲束を背負ったひとりの白髪の老人があらわれ、「われこの地に住み、法教を守護し、諸民を利益せん」と告げて、忽然と姿を消した。大師は、この老翁が五穀大明神の化身であろうと悟り・・ –42番 仏木寺 牛の背に乗った弘法大師の伝説が語り継がれる

43番 明石寺

44番 大寶寺  歩けば20時間を超す「遍路ころがし」の霊場

53番 円明寺

54番 延命寺 (2)

51番 石手寺

51番 石手寺 道後温泉の温泉街から近い

58番 仙遊寺

52番 太山寺

54番 延命寺

55番 南光坊

58番 仙遊寺

59番 国分寺 (2)

59番 国分寺

62番 宝寿寺

63番 密教山 胎蔵院 吉祥寺  寺宝に「マリア観音像」徳川幕府のキリスト教禁令にも難を逃れている

64番 前神寺

65番 三角寺 俳人・小林一茶が「これでこそ 登りかひあり 山桜」と詠んだ

24番最御崎寺

24番最御崎寺

24番最御崎寺空海が求聞持法成就した
24番最御崎寺空海が求聞持法成就した
25番 津照寺
25番 津照寺
26番 金剛頂寺 (2)
26番 金剛頂寺 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

26番 金剛頂寺
26番 金剛頂寺27番 神峯寺

28番 大日寺

38番 金剛福寺

38番 金剛福寺

 

39番 延光寺
39番 延光寺

四国 空海 求聞持法、三教指帰

空海の「求聞持(ぐもんじ)法」   

難解すぎてさっぱりよくわからない
「三教指帰」の序文の中で弘法大師は「ここに一人の僧あり、われに虚空蔵求聞持の法をしめす。その経に説かく、『もし人、法によってこの真言一百満遍を誦すれば、
すなわち一切の教法の文義を暗記することを得。』

http://1000ya.isis.ne.jp/0750.html

弘法大師空海は、その虚空の空間に入ると「五大に響きあり、十界に言語を具す
(物質と精神には
 響きがあって、それぞれに言葉を用意している。声字実相義)」

四国 空海 虚空蔵求聞持法 洞窟

最御崎寺(ほつみさきじ)
高知県室戸市室戸岬町に位置する寺院。四国八十八箇所霊場の第二十四番札所  
本尊真言:のうぼう あきゃしゃ きゃらばや おんあり きゃまり ぼり そわか
ご詠歌:明星の 出ぬる方の 東寺 暗き迷は などかあらまじ 
空海は都での学問に飽き足りず、 19歳の頃からの約5年間、山林修行を続けた。
空海の『三教指帰』には「土州室戸崎に勤念す」とある。
室戸岬にほど近い洞窟(御厨人窟)で虚空蔵求聞持法に励んだ。
空海は大同2年(807年)に、嵯峨天皇の勅願を受けて
本尊の虚空蔵菩薩を刻み、本寺を開創した。

第24番最御崎寺空海が求聞持法を成就した
第24番最御崎寺空海が求聞持法を成就した

 

第24番最御崎寺
第24番最御崎寺
御厨人窟室戸岬にほど近い洞窟(御厨人窟)で虚空蔵求聞持法に励んだ
御厨人窟室戸岬にほど近い洞窟(御厨人窟)で虚空蔵求聞持法に励んだ
洞窟(御厨人窟)の洞窟の中御厨人窟で寝起きをしていた弘法大師。 御厨人窟の中からはいつも、青々とした空と海だけが見えていた。 その雄大な景色に感銘を覚えた弘法大師は、 ご自分の名前を「空海」に変えられたのだと言い伝えが残ります。 御厨人窟で修行に励んでいた弘法大師の口から 突然明けの明星が入って体を貫き、それによって大師が悟りを開いた。
洞窟(御厨人窟)の洞窟の中御厨人窟で寝起きをしていた弘法大師。
御厨人窟の中からはいつも、青々とした空と海だけが見えていた。
その雄大な景色に感銘を覚えた弘法大師は、
ご自分の名前を「空海」に変えられたのだと言い伝えが残ります。
御厨人窟で修行に励んでいた弘法大師の口から
突然明けの明星が入って体を貫き、それによって大師が悟りを開いた。

 

 

四国 88所遍路4讃岐(涅槃の道場) 

 阿波(発心の道場)・土佐(修行の道場)・伊予(菩提の道場)・讃岐(涅槃の道場)
阿波(発心の道場)・土佐(修行の道場)・伊予(菩提の道場)・讃岐(涅槃の道場)

四国88か所遍路4 讃岐(涅槃の道場)

大阪より淡路島を経由して、マイカーでドライブで香川県へ
泊まりは数日間ペットと泊まれる宿を予約した。

・締めくくりはやはり高野山へ
四国88か所のお寺を回り、次に高野山に詣でて

「満願成就」となった時は感激した。
八十八カ所巡りの御朱印をいつか立派な掛軸にしたい。

66番 雲辺寺 山頂の駅から参道をしばらく歩くと五百羅漢像
66番 雲辺寺 山頂の駅から参道をしばらく歩くと五百羅漢像

 

 

 

 

66番 雲辺寺 標高911メートル「遍路ころがし」と呼ばれる難所
66番 雲辺寺 標高911メートル「遍路ころがし」と呼ばれる難所
67番 大興寺  天平14年(742年)に東大寺の末寺として建立
67番 大興寺  天平14年(742年)に東大寺の末寺として建立
68番 神恵院
68番 神恵院
69番 観音寺 第六十八番・神恵院と同一境内
69番 観音寺 第六十八番・神恵院と同一境内
69番 観音寺
69番 観音寺
70番 本山寺
70番 本山寺
71番 弥谷寺  日本三大霊場(恐山・臼杵磨崖仏・弥谷山)の一つ
71番 弥谷寺  日本三大霊場(恐山・臼杵磨崖仏・弥谷山)の一つ
72番 曼荼羅寺
72番 曼荼羅寺
77番 道隆寺 仁王門をくぐると ブロンズの観音さんがずらりと並んでいる
77番 道隆寺 仁王門をくぐると ブロンズの観音さんがずらりと並んでいる
76番 金倉寺 弘法大師の甥で天台宗寺門派の開祖「智証大師」が誕生した地
76番 金倉寺 弘法大師の甥で天台宗寺門派の開祖「智証大師」が誕生した地

 

 

 

 

 

 

 

 

76番 金倉寺 「智証大師」は、子供の頃「日童丸」と呼ばれ たいそう賢いと評判
76番 金倉寺 「智証大師」は、子供の頃「日童丸」と呼ばれ たいそう賢いと評判
74番 甲山寺  甲山寺周辺は弘法大師の故郷
74番 甲山寺  甲山寺周辺は弘法大師の故郷
73番 出釈迦寺 弘法大師幼少期の数ある伝説のひとつ「捨身ヶ嶽」縁起にゆかり
73番 出釈迦寺 弘法大師幼少期の数ある伝説のひとつ「捨身ヶ嶽」縁起にゆかり

 

 

80番 国分寺 有名なのは四国最古の梵鐘
80番 国分寺 有名なのは四国最古の梵鐘

81番札所 大窪寺 納経印は「結願所」結願証明書(賞状)もらえる

 

 

 

 

 

87番 長尾寺 静御前が源義経と別れた後 母の磯禅師と共に当寺を訪れ 得度した
87番 長尾寺 静御前が源義経と別れた後 母の磯禅師と共に当寺を訪れ 得度した

 

86番 志度寺 江戸時代の奇才平賀源内の故郷
86番 志度寺 江戸時代の奇才平賀源内の故郷

 

83番 一宮寺 地獄の釜に頭を入れると境地が開ける
83番 一宮寺 地獄の釜に頭を入れると境地が開ける

 

 

82番 根香寺 青峯山には人間を食べる恐ろしい怪獣牛鬼が棲んでいた
82番 根香寺 青峯山には人間を食べる恐ろしい怪獣牛鬼が棲んでいた

 

 

 

 

81番 白峯寺 崇徳天皇が讃岐流刑地で没しこの地に陵墓が造られた
81番 白峯寺 崇徳天皇が讃岐流刑地で没しこの地に陵墓が造られた

 

78番 郷照寺 時宗の開祖一遍上人は踊り念仏の道場を開いた
78番 郷照寺 時宗の開祖一遍上人は踊り念仏の道場を開いた

 

 

 

 

 

 

 

大窪寺  結願!
やっと終わった、感激、感激、

  でも疲れた~~
http://henro88.net/220sanuki/ookuboji.html

88番 結願の霊場「大窪寺」唐から帰国した弘法大師が、現在の奥の院近くの胎蔵ヶ峰という岩窟で、虚空蔵求聞持法を修法し堂宇を建立。
88番 結願の霊場「大窪寺」唐から帰国した弘法大師が、現在の奥の院近くの胎蔵ヶ峰という岩窟で、虚空蔵求聞持法を修法し堂宇を建立。

お礼参り
http://www.kushima.com/henro/keywords/oreimairi.htm

四国88箇所のマニュアル
四国88箇所のマニュアル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四国 88か所 阿波(発心道場)

四国88か所1 阿波(発心の道場)11~23番

 阿波(発心の道場)・土佐(修行の道場)・伊予(菩提の道場)・讃岐(涅槃の道場)
阿波(発心の道場)・土佐(修行の道場)・伊予(菩提の道場)・讃岐(涅槃の道場)
23番 薬王寺 「発心の道場」といわれる阿波最後の霊場
23番 薬王寺 「発心の道場」といわれる阿波最後の霊場
22番 平等寺
22番 平等寺

 

 

 

 

 

20番 鶴林寺 霊鷲山に似ている山号は「霊鷲山」
20番 鶴林寺 霊鷲山に似ている山号は「霊鷲山」
19番 立江寺
19番 立江寺

18番 恩山寺 大師の生母・玉依御前が讃岐の善通寺から訪ねてきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17番 井戸寺
17番 井戸寺

四国 金毘羅さん 狗が替わりに代参

古くから金毘羅さんの門前町として栄えてきた。
門前町の落ち着いた情緒がある。

江戸時代に金毘羅参りが盛んになり、
全国から金毘羅街道を通じて多くの参詣客が集まった。
江戸時代に、自分で行けない人は狗に代参してもらった。

「こんぴらふねふね……」の歌でおなじみ本宮は
琴平山の中腹にある。

そこまでの参道は石段。その数785段。
さらにその奥には奥社があり、合計1,368段の石段を上る。

愛犬ラッキーと琴平さん参り
愛犬ラッキーと琴平さん参り
当人に代わって旅慣れた人が代理で参拝に行くことがあり、これを「代参」と言った。旅を途中で諦めることにした人が、道中で知り合った旅人に旅費と初穂料(お賽銭)を託し代参してもらうこともあった。 代参をしたのは“人”だけではなかったのです。「こんぴら参り」と記した袋を首にかけた犬が、飼い主の代参をすることもあった。袋には、飼い主を記した木札、初穂料、道中の食費などが入っていました。犬は、旅人から旅人へと連れられ、街道筋の人々に世話をされ、目的地にたどり着いた。「こんぴら参り」の代参をした犬は、特に「こんぴら狗」と呼ばれたのです。
当人に代わって旅慣れた人が代理で参拝に行くことがあり、これを「代参」と言った。旅を途中で諦めることにした人が、道中で知り合った旅人に旅費と初穂料(お賽銭)を託し代参してもらうこともあった。
代参をしたのは“人”だけではなかったのです。「こんぴら参り」と記した袋を首にかけた犬が、飼い主の代参をすることもあった。袋には、飼い主を記した木札、初穂料、道中の食費などが入っていました。犬は、旅人から旅人へと連れられ、街道筋の人々に世話をされ、目的地にたどり着いた。「こんぴら参り」の代参をした犬は、特に「こんぴら狗」と呼ばれたのです。

琴平さん (2)

 

 

 

 

 

 

 

金毘羅さんの本殿
金毘羅さんの本殿

 

四国 88か所 阿波(発心の道場)

大阪より淡路島を経由して、マイカーでドライブで徳島県へ
泊まりは数日間ペットと泊まれる宿を予約した。

四国88か所遍路1 阿波(発心の道場)

・ドライブ遍路
「歩き遍路」ではなく「ドライブ遍路」なので、
その分御利益は少し少ないと言われている。

1番 霊山寺 の前で
1番 霊山寺 の前で


2番 極楽寺
2番 極楽寺
3番 金泉寺
3番 金泉寺
4番 大日寺
4番 大日寺
5番 地蔵寺
5番 地蔵寺
6番 安楽寺
6番 安楽寺
8番 熊谷寺
8番 熊谷寺
9番 法輪寺
9番 法輪寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四国八十八箇所霊場の第十番札所 切幡寺
四国八十八箇所霊場の第十番札所 切幡寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西国 三十三所巡り一番札 青岸渡寺

saigokuバスツアーで和歌山の「西国一番青岸渡寺」の 庭を訪れた。
何故か何かの閃きで、 とても懐かしいものを感じた。
その時に
「西国三十三ヶ所を回ろう」と思った。
http://www.saikoku33.gr.jp/
・自宅から近い所はマイカーで、遠い所はバスツアーに参加。
一番の感動は、姫路市の書写山の27番の圓教寺だった。
大講堂常行堂食堂などどれも荘厳だった

西国表

 

那智滝
那智滝
1番 青岸渡寺
1番 青岸渡寺
那智山は熊野三山の一つ
那智山は熊野三山の一つ
長命寺,滋賀県近江八幡市 西国31番
長命寺,滋賀県近江八幡市
西国31番
紀三井寺、和歌山県和歌山市紀三井寺にある。西国33番
紀三井寺、和歌山県和歌山市紀三井寺にある。西国33番
宝厳寺(ほうごんじ)は、滋賀県長浜市の竹生島。 西国第30番札所 観音霊場であるとともに、弁才天信仰の聖地
宝厳寺(ほうごんじ)は、滋賀県長浜市の竹生島。
西国第30番札所
観音霊場であるとともに、弁才天信仰の聖地

 

 

 

 

 

 

2番 総持寺 助けた亀の恩返しと観音の霊験
2番 総持寺 助けた亀の恩返しと観音の霊験
10番 三室戸寺
10番 三室戸寺
9番 興福寺 南円堂
9番 興福寺 南円堂
8番 長谷寺
8番 長谷寺
28番 成相寺 天橋立の北にある成相山にある
28番 成相寺 天橋立の北にある成相山にある
8番 長谷寺 登廊
8番 長谷寺 登廊

 

 

 

 

 

 

 

7番 岡寺
7番 岡寺
4番 施福寺
4番 施福寺
3番 粉河寺
3番 粉河寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

円教寺 食堂 荘厳な雰囲気
円教寺 食堂 荘厳な雰囲気
円教寺
円教寺

西国 圓教寺 荘厳な雰囲気!

境内の雰囲気が荘厳で、圧倒される
この独特な雰囲気は初めての経験である
西国33ヵ所のお寺の中で最も印象に残る寺である。

山上にあり、広いので、ロープウェイとバスを使った。
境内は大講堂、食堂(じきどう)、常行堂、奥之院など。
西国三十三所観音霊場の札所でもある摩尼殿が一山の中心となる堂であるが、大講堂や開山性空の像を祀る奥之院も、信仰上重要である。境内を見た時の印象が強烈!

境内は大講堂、食堂(じきどう)、常行堂、奥之院など。
西国三十三所観音霊場の札所。

円教寺 食堂 荘厳な雰囲気   ここで写経をしたい

歴史 966年、性空の創建。
性空は910年生まれで、性空は出家した時はすでに36歳、
それから約20年間、霧島山、脊振山など九州で修行を積んだ後、
霊地を求めて旅に出、
966年、
57歳の時、書写山に庵を結んだのが書写寺の始まり

 

武蔵坊弁慶は一時期書写山で修行した、
弁慶が使用した机など、ゆかりの品も伝えられ公開されている。

円教寺
円教寺


投稿 東日本大震災! 内閣に望むこと

PMAJオンラインジャーナル 平成11年4月号に掲載分http://www.pmaj.or.jp/online/1104/p2m_kansai.html

東日本大震災! この難局にあたり、一国民として内閣に望むこと

3月11日、突然千年に1回あるかないかの規模の東日本大震災が発生した。そして甚大な被害が発生している。心から被災された方々にお見舞い、ならびに震災でお亡くなりになられた方々にお悔やみ申しあげます。

震災後、生き別れや死に別れの惨状をテレビ報道で見ると本当に胸が痛んできます。また福島の原子力発電所トラブルも一進一退で推移しており、ハラハラドキドキして私の血圧や血糖値もそれに連動して上下している状況です。

先日、天皇陛下によるビデオメッセージが流され、「原子力発電所の状況が予断を許さぬものであることを深く案じ、関係者の尽力により事態の更なる悪化が回避されることを切に願っています」とのお言葉を頂きました。

このような国難であるが、ここでP2M的に【 ありのままの姿 】と【 あるべき姿 】を考えてみたい。

【 内閣のありのままの姿:現状 】は、政府の中で長時間の議論を重ねるばかりで、いまだ有効な対策を打ち出せていない。役割が曖昧、かつ責任と権限が不明確のままで、原子力発電所のトラブル、被災者支援と災害復興をずっとやるつもりなのだろうか? 心配なのは国民、官僚、野党、与党内等のステークホルダーに対して、利害対立を避けるのではなく、強いリーダーシップをもって前向きに対処する意思の有無である。このままでは日が経つにつれて、理性をもって冷静に我慢しながら行動してきた国民も、不満や愚痴がだんだん高まって来るだろう。
 【 内閣のあるべき姿 】は、ここは国家の重大な危機であり、既存の仕組みを超えて顧客である国民に資する判断を下し、“プロジェクト体制”を即座に構築すべきである。今は “平常時” ではなく、“緊急時もしくは 非常時”なのだから、現状の平常時の組織のままでは、とてもこの国難には対応できない。内閣はこのことを国民に率直に納得させて、その使命達成のためにその“決死の覚悟の姿勢”を国民、特に被災者の方々に直接訴えるべきである。

今回の「地震・津波の災害」や「原子力発電所のトラブル」は想像以上に‘大規模・複雑・不確実’なものである。それに膨大な人数の被災者の日常生活に密接に関係している事柄なので、精神的にもデリケートな対応も必要となる。また利害関係が複雑な膨大な数のステークホルダー間の調整も大変難しい。

今後事態の変化に応じた様々なプロジェクトやプログラムが立ち上げられると思われる。この超難題のプログラムを解決するプログラムマネジャーの資質を冷静に分析し、この難題を引き受けてくれるミッション志向(使命達成型)のプログラムマネジャーとなる人材を任命すべきである。同時に、 内閣は今すぐにでも、兼任ではなく、専任で取り組む強力なリーダーシップを持つ組織を立ち上げることがまず第一に必要である。日本には金はなくても、この難問を解決するための“潜在能力や英知”はある。

現在の日本状況は1000兆円に達しそうな借金をしており、財政的な余裕はあまりない。被災者の全ての要望を満足できる状況ではない。できることとできないことを明確にして、出来ないことはできるだけ速やかに丁寧に国民に説明して納得してもらわないといけない。プログラムマネジャーはP2Mでいうスコープマネジメントの中で、“実行できること”と“実行不可能なこと”を勇気を持って明確にすることが急務である。ともかくスコープが決まらないとプログラムマネジャーは責任を持って一歩も前に進めない。

繰り返しになるが、私の言いたいことは、一言で言うと、内閣総理大臣は、この国難を救うために、日本国民や世界の人々に、 “使命達成型のプログラムマネジャーを任命し、日本の英知を集結した最強のプロジェクト体制を構築した”と宣言してほしい。

話は変わるが、日本のマスコミにも一つ注文がある。暗い話ばかりではなく、復興等建設的で前向きな報道もしてもらいたい。マスコミは毎日毎日テレビや新聞を通じて、主に悲惨な被災地の現状を繰り返し報道している。私は気分が落ち込み、憔悴してだんだん気分が悪くなり、遂にはテレビのスイッチを切ってしまう。そして国民はだんだん意気消沈してしまう。
逆に、もっと未来に希望が持てる明るい話題を放送してほしい。また自衛隊、消防、米軍などの外国からの支援部隊の必死の救援活動はあまり報道していない。彼らは黙々と命をかけて使命を達成しており、私たちはその行動にもっと真摯に感謝しなければいけない。彼らの職業意識・使命感をもっとテレビや新聞で真摯に報道してもらえば視聴者も元気が出てくるし、国民の間の連帯意識も高まると思われる。

政府には、もっと頑張ってもらわないといけませんが、そうはいっても政府ができることには限界がある。私達国民は、あまり国に依存するのではなく、自助努力することも大事である。

各国にはこのような国難に際して様々な「スピーチやことわざ」が伝えられている。

一つは ケネディ大統領のスピーチである。
1961年1月20日、彼は就任演説で以下のように名演説をして、国民の心を鼓舞している。 And so, my fellow Americans: ask not what your country can do for you – ask what you can do for your country.
My fellow citizens of the world: ask not what America will do for you, but what together we can do for the freedom of man. ですから、私の仲間であるアメリカ国民である皆さん:/尋ねないで下さい/国があなたのために何をしてくれるかを/尋ねて下さいあなたが国のために何ができるかを。
私の仲間である世界の皆さん:/尋ねないで下さい/アメリカがあなたのために何をするかを/そうではなくて何を一緒に私達ができるかを/人類の自由のために。
二つ目は中国のことわざである 5千年の歴史がある中国には、このような様々な困難な時期にあたり連帯の重要性と強靱な意志の強さを表現することわざが無数に用意されている。私の知見は不足しており、もっとよいことわざもあると思われるが、ここでは下記に2つほど挙げておく。「愚公移山」のように常識にとらわれず、発想を変えて少し馬鹿になることも必要かもしれない。

 

四海兄弟(しかいけいてい) sìhâixiōngdì
真心と礼儀を尽くして他者に交われば、人々はみな兄弟のように心から協力しあえる
愚公移山(愚公山を移す) yúgōng yìshān
人になんと言われようと、どんな難事でも、志をもって専念して努力すれば可能となる

 私の語彙不足を指摘して、中国の友人が「中国の諺はもっとあるよ」と教えてくれたので下記に追加記述する。
 やはり中国には‘元気が出る言葉のビタミン剤’がたくさんありそうだ。

自强不息  zìqiâng bùxī
自强:自分が上を向いて日々努力する;不息:停止はしない。
それぞれの人々が個々上を向いて、絶えず努力する精神を表現、この精神は国を強くする
不屈不挠  bùqū bùnáo
屈:屈する;挠:曲がる。困難に負けない、屈まない。強く生きる
患難与共  huànnàn yùgòng
危険と困難を共に担い、お互いの立場、そして利害関係は同じである
休戚相关 xiūqī xiàngguān
休:喜び・祝い、 戚:悲哀、憂愁、
喜びと憂愁、幸せと不幸は密接な関係があることで、お互いの利害関係の密接を表現している

最後に、我々日本人が示している勇気と決意を世界中が心配しながら見守ってくれている。日本政府を支援して、私たちは力を合わせてこの国難を乗り越えよう!

以上

 

ペット  老犬ラッキー  結構なお年寄り

ラッキーの正式名は・・エンドレスパラダイスJPブラックルシアン
ラッキーについて・・・犬種はパピヨン、耳が大きい
平成28年3月4日が誕生日で16歳になるお爺さん、

      体重は2kgと軽量、年の割には健康である。
      若い時は気が強くて腕白だったが、今は大人しくて甘えん坊
      主人である私の言うことは無視して聞かない。

生年月日は・・平成12年3月4日で1,2,3,4ときれいに数字が並んでいる。
生まれは・・四国

1.現在(年とった時)

ラッキー16歳の誕生日に 家の庭で撮影
ラッキー16歳の誕生日に、 家の庭で撮影

2.過去(若い時)

私の二男ラッキー1歳 偉そうにしている。15年前は若くて凛々しい
私の二男ラッキー1歳 偉そうにしている。15年前は若くて凛々しい
2001年9月 二男ラッキー1歳 今はお年寄り
2001年9月 二男ラッキー1歳 今はお年寄り


2001年9月 ラッキー1歳
2001年9月 ラッキー1歳
2001年9月 ラッキー1歳
2001年9月 ラッキー1歳
2001年9月 ラッキー1歳
2001年9月 ラッキー1歳